<< ママンのお祭り 花火 >>

自分のこと

先日、14年間お世話になった現代童画会を退会しました。

長い間、大好きな作家先生たちに囲まれて、絵を通して生きるということをたくさん教えて頂きました。
ああ本当に幸せなところにいたんだなあと、改めて思う。

少し離れたところから、自分を見つめてみようと思います。
また違う発見があるかもしれない。
がんばるぞ!



↓以下私のつまらない事です。言葉にして外へ出したくなったので書きます。




幼い頃から人と関わることが苦手だった私は、独りお絵かきに救われてきました。
そんな落ちこぼれな私を理解し絵の道に進ませてくれた両親。感謝です。
高校の卒業制作で描いた作品を見てくれた地元の画家先生が、童画展に誘ってくれました。
私の絵は童画展に向いていると。
それ以来、ありがたくも入選させて頂き、ずっと出展し続けてきました。あ、一回休んだ。

500点以上もの大きな作品が並ぶ展覧会。私の絵などゴミのように見えました。
20代の特に前半は本当に辛かった。
何を描きたいのかすら分からない。やっとの思いで描き始めても形にならない。
筆を投げて、大きなキャンバスの前でいつも泣きながらふて寝してました。
本当に絵が好きなのか疑問すら湧いてくる。
なんとか仕上げて出品してを何年も繰り返して、やっと自分が何を描きたいのかが見えてきました。

先生先輩たちの色んな絵を見て、いろんな言葉を聞いて、お客さんの反応もこっそり聞いて、
どうすれば自分の絵がかき消されないようになるか。好きな作家さんの描き方をまねしてみたり。
まねしてもどうしても自分が出てきてしまうから、諦めてみたら少しずつ自分を受け入れられるようになったり。

そんな童画会14年間のおかげで、なんとか生きている。
絵を描き続けることの大変さと楽しさを知った、辛くて幸せな日々。
そしてそれは一生続くでしょう。










[PR]
by catpupil26 | 2016-07-21 23:29 | 日々絵日記 | Comments(2)
Commented by rtm3g987 at 2016-07-21 23:41
子猫達のおとうちゃま

すごいプレッシャーだったんですね。( ; ; )これからは、賞なんかに捉われずに、ゆきせんせいらしい作品を描いてくださいね。みんな、ゆきせんせいの絵が大好きなんですから。ひとまずお疲れ様でした。(#^.^#)
Commented by catpupil26 at 2016-07-22 09:09
子猫たちのおとうちゃまさん

自分で勝手にプレッシャーかけていたんですよ^^;
若いってどうしようもないですね(笑)
たくさん勉強させて頂きました。

ありがとうございますm(__)m
また見て頂けるよう続けて参ります。
<< ママンのお祭り 花火 >>